--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/06/16

イタリア風酢豚 ~さいげんレポ~

0616イタリア風酢豚





先日 久しぶりに自分で本を買いました。節約主婦のあたくしは本は2階で拾って読むことにしているんです。
2階で見つける本は夫が買って来たものか娘が買って来たものです。で 久々に買った本は「食堂かたつむり」。 
同級生かおちゃんが多くのフードブロガ―に読んでもらいたいって言ってたからね。読みました。

       
     かおちゃんの「食堂かたつむり」の記事は コチラ







で 本の中にでてくる「イタリア風酢豚」 作ってみました。


イタリア風酢豚

〈材料と下準備〉
豚肩ブロック 350g ・・・適当な大きさにカットして塩、胡椒、赤ワイン、醤油少々、はちみつ少しで
              下味を漬けておく。
新玉ねぎ 大きいの1個 ・・・適当な大きさにカット
パプリカ 大きいの1個 ・・・適当な大きさにカット
卵 小さいの1個かうずら卵3つくらい。
片栗粉 適当に
ガーリックオイル ・・・私のは大蒜みじん切りをオリーブオイルに漬けてあるやつでこの大蒜も使う。
バルサミコ酢 いっぱい
イタリアンパセリ 適当

〈作り方〉
1時間ほど下味をつけておいた豚を溶き卵にくぐらせて片栗粉をまぶし180℃の油で揚げる。
中華フライパンにガーリック&オイル、新たまねぎ、パプリカを炒めボウルに出しておく。
フライパンは洗わずにそのままバルサミコ酢たっぷりを入れ少し煮詰める。これに揚げた豚、
先ほどに新玉ねぎ、パプリカを絡めて出来上がり。彩りにイタリアンパセリを~。



    追記:新玉ねぎとパプリカを炒める時に塩ゴリゴリふってます。ごめんなさーい!!




0616ちょっとちがう?




本の中では豚はオリーブオイルで揚げていました。でも私は普通のキャノ―ラ油を使っちゃったよ。
で 新玉ねぎ&パプリカは登場せずに豚だけだったのだけど 本と違って我が家ではおかずが
ほぼコレ1品だったので入れました。(笑)
本では豚づくしで世界中の料理だったのよ。 あ これ以上は言っちゃいけないね。



豚の下味の調味料は書かれていなかったので 主人公りんごちゃんの「イタリア風酢豚」とは
別物かもしれないけど 美味しかった!!





食べる=生きる、ということに綺麗事のない本だったな。おもしろかった。
「食」以外では 「えぇ~ うっそ~ん!!」と思うとこもあるけどね。
ほかの命を頂いて生きさせて貰っているのだから食べることをもっと大事にしなくちゃいけないな。




やっつけ料理みたいの、なるべくしないようにしよう。







つくレポどうもありがとうー!!  




【はちみつの食卓】バブちゃん が 鶏と淡竹のガーリック炒め作ってくれました。
バブちゃん地方では淡竹(はちく)じゃなくて「から竹」と言うそうです。
ご主人も「うまいうまい」を連発して下さったようで誠に光栄でございます。
なんたってバブ家のご主人様は腕のいい奥さんを持って舌が肥えに肥えてるからねー!!




ご紹介頂きどうもありがとうございましたハート








☆いつもたくさんのコメント、応援クリックどうもありがとうございます☆


br_decobanner_20100113202634hana.gif

  


初めての方もどうぞお気軽にコメント残して頂ければ嬉しいです。
見落としてしまうといけないのでコメントは最新記事にお願いしま~す!




豚肉料理 | Comments(20) | Trackback(0)
Comment
No title
かおりちゃんのところのコメ読んで
イタリア風酢豚待ってたよぉ~
おいしそう~、色々エミリオ風アレンジ
があっていいねぇ~。

食堂かたつむり。さっそく
読んでみたいわっっ。
No title
食堂かたつむり、面白かったでしょう!
あれを読むと、普段は目をそらしている命をいただくということを考えさせられるよね。
そうか~、あの本からヒントを得た酢豚なんだ。よーし、私もいつか作ってみる。
リンクありがとう~♪
イタリアン風か~
中華をイタリアンにするとは。
さすが~。

その本興味あるけど、読んだらベジタリアンになりそう?^^;;
No title
食堂かたつむり、食べると言う事を久しぶりに真摯に考えっちゃった
それで、お料理を作っちゃうんだから
やっぱりすごいよエミリオちゃん

どうやらレシピ本が出た(出る?)みたいなの
私なら、これを眺めて「食べたい!」って叫ぶさけだわ
No title
うわぁ、おいしそうだわ~。
これさ、チキンでやっても大丈夫かな?
中華風酢豚も、豚肉だとちょっと私が苦手なの。
No title
おいしそう~!最近全然本読んでないけどその本、ちょっと読んでみたくなりました。
No title
小説からのヒントで料理が作れるなんて!
サスガやねぇ~~~
見た目、バッチシ酢豚やのに、食べたらイタリアンなんて、面白いやん!!
そら、野菜も入れて、一皿料理にしたいよねぇ 主婦は(ニヤリ)
バルサミコたっぷりかぁ
そういえば、初めてバルサミコを使ったとき、入れてスグ、匂いをかごうとしてん・・・・・後はご想像にお任せします(爆)
No title
■kyokoちゃん
「食堂かたつむり」すぐ読めるよ。面白かった。出てくる料理はどれも興味深いよ。

■かおちゃん
面白かったわ~ ちょっと「ブタにいた教室」を思い出した!
エルメスの肩がイタリア風酢豚になったのよね。

■cooちゃん
私はベジタリアンにならない~(笑) 昔、お祖父ちゃんちに行くと飼っている
鳥を潰してくれたり鯉を食べさせてくれたりしたからかな。

■JJちゃん
「食堂かたつむり」のレシピ本があるの!?
それは見てみたいわー!!
りんごちゃんの復活を助けた鳩料理もすごいよね。私は食べれるけど自分じゃ出来ないなー。

■reeちゃん
チキンでも美味しいと思う!中華の酢豚よりさっぱりしてるよ。

■ママンちゃん
すぐに読めちゃう本だったよ。興味深い料理がつぎつぎ出てくるのョ。

■Mumちゃん
いやいや こうしてこうしてイタリア風酢豚にした、って書いてあるんだもん。(笑)
バルサミコ酢、わかるっ!! 私も最初の印象が悪くて(?笑) 
あんまり好きじゃなかったけどブログのおかげで好きになったー!
No title
あ~~
こり
映画になったやつね♪
なんだか
読んでみたくなった~~

すぶたちゃん
おいひそ~~~
こりって
やっぱ
一人分ぢゃ
多いよねぇ??

No title
レシピ本でたよねぇ~。
かもめ食堂もそうだけれど
小説に出てくる料理が美味しそうに感じる
のって筆力のある作家さんなんだろうと
思う。→あら嫌だ真面目な答えっ。
No title
モニちゃんとこにも書いたけど
勝間さんて獅子舞の獅子に似てる人だよ
No title
へえ、名前しか知らなかったけど、興味深い本だね。
文章だけでの料理で温かさや味を感じられたら、ほんと読んだかいがあるよね。
個人的には、時代劇に出てくるお料理も興味深いわ。
No title
私もこの本、読みたいなと思っていたんだ。
かおりちゃんは本の紹介をするの上手だよね。
って、かおりちゃんはエミリオちゃんと同級生だったの?
あらん、お姉さまだったのね(笑)

No title
あ、書くの忘れてた。
何だかすごいステキに紹介してくれちゃってありがとうね~(;^_^A
No title
■ひろりん
そう!柴崎コウだったね。 今度DVD借りてきて見るっ。
1人だったら2回+お弁当 な 感じ?

■モニちゃん
あら まじめなモニちゃん!! レシピ本みたいなぁ~ 
でも 本に出てくるお料理が出てるなら私の台所生活にはあまり役に立たないな・・・。(笑)

■ルナちゃん
ググって見たけど知らない人のよう。自分も知っているだろうと思ってたのに・・。(>_<)

■ちかおちゃん
私もドラマの中の料理って何たべてんだろー?ってすぐ興味もっちゃうよ。
時代劇って 必殺? 龍馬じゃなくて必殺だよね? みてなーい(笑)

■バブちゃん×2
あ 知らなかったの? そうよ 同級生。
ばぶちゃんが思ってたかおちゃんの年齢であってるからっっ!!
No title
イタリアン風の酢豚って目からウロコ!
バルサミコで、マイルドな仕上がりなのかな?
見た目にはパーフェクトに美味しそう!!!
これはみんな作るだろうね~☆

食堂かたつむり、ね。
かおりちゃんのところであったもんね。
フランスでは、肉類でも野菜でもすべて自分の手で採って食べるっていうところがあるよ。
私は目をそらせて、食べないことも^-^;
魚だったらOKだけれど、肉類は自分ではさばけないと思う。
No title
バルサミコって今だにいまいち上手く使えないねん。
そっか、酢豚に使ったらイタリア風になるねんね!!
お野菜たっぷりでおいしそう。

しょこら亭も先日イタリア風の豚肉料理作ったとこ。
でも、薄くてぺらぺらのしょぼ~いの。
No title
私もその”食堂かたつむり”を読んで見たい!

>ほかの命を頂いて生きさせて貰っているのだから

ホント! その通りだと思う。
それに罪悪感を持っては何も食べられなくなるしね。

感謝しながら大切に食べよう。私も。
No title
「食堂かたつむり」私大好きな本です♪
すごくいろんなことを考えながら、感じながら、想像しながら、読みました。いい本です。

レシピ本は3月頃には書店に並んでました。
写真とレシピと全体的に雰囲気のある、見方を変えると大人の絵本のような仕上がりでしたよ。

No title
酢豚がイタリア風に変身?
んん~、おいしそう~。
「食堂かたつむり」読みたくなりました。
食べることで「命」をもらってる・・・なんかじーんときちゃう。
今度本屋でみてみまーす!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。