--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/24

門司の夜 ~ふく料理と焼酎と地ビールと~




007と映画料金のコメをやり取りした後 買い物に出かけ運転中に鼻血が出てしまって
困った金曜日でした。 みなさんは楽しいハナキン(知ってる?)かしらん。


さて 門司の夜は やっぱり河豚を食べなきゃねってことで。

どこで食べれば良いか分からないので とりあえず お店選びは夫の「オッサンのカン」を
信じて大人しくついて行きました。 
流行りや外観のオサレさに惑わされないオッサンの行く手にはうまいもの有り のことが多いのよ。






まずはビールで おつかれちゃーん♪


どうしても飲んじゃうよね、写す前に。

お店は はなのつゆという 地さかな料理のお店。
昭和な香り漂う いかにもおっさん御用達という店構えです。



ふくのコースをお願いします。 (ふぐじゃなくて ふくって言うんだよね。福にかけて。)



つきだし   河豚の南蛮づけみたいな感じ。でも辛くない。
  




てっさ   一人前ずつの盛り付け。




私の食べさせることが好きな夫(笑)なので 私のお皿に残りが少なくなったところで
サッと まだ半分ほど残っている自分のお皿と取り替えます。 

 


ひれ酒  見えないけど ひれは2つ入っています。





シャッターチャンスを逃すブロガー妻のために何度も火をつける夫。














おいしかった。
今まで飲んだひれ酒の中で一番おいしかったかも。


って ことで おかわり注文。 (1杯はコースに入ってます。)




おすいもの  河豚のお出しと松茸の香りがたまりましぇんっ。




白子豆腐  もっちりしてて美味しかったです。次女はこれが一番美味しかったって。ちょっとがっかりスポンサー。


てんぷら  ちょっと大蒜のきいた甘辛いタレ。




てっちり  「色的にシイタケも入ったほうがいいんちゃう?」と次女が椎茸をあわてて入れました。




やっぱり椎茸よそよそしくない?自分だけ煮えてないしっ。笑



濃いめのポン酢でした。




色ほどしょっぱくないけど お出しで割って。

例の如く 夫にぽいぽい入れられるので食べるのが大変です。



しめは雑炊で。  もうおなかパンパンだったので少しだけよそってもらいました。





デザート  メロンとぶどう  



もうおなかいっぱいと言っても 夫の分がまわってきます。 (><)



このコースは8,400円だったけど もうひとつ6,300円のがあったので
どこが違うの?と尋ねたらひれ酒が付いていなくて てんぷらが1つって言ってたかな。
てんぷらは1つで良かったかも。
多かった~。



で おなかをさすりさすり2次会へ。

  焼酎バーに行きました。(これは携帯写真)

  夫と私は「小松帯刀」をロックで。 
  次女は梅酒の水割りを。



  まだ新しそうで感じのよいお店でした~。





  が

  1杯ずつで引き上げ・・・







地ビールも飲んどくか。





って ことで3次会へ。 (なにやってんだ、この親子3人はっ。 笑)




あらためて おつかれちゃーん!! (飲む前に撮りましたっ!笑)





おなかパンパンだけど ビールなら飲んじゃうか~♪ と思ってると・・・




信じられないものが・・・







「焼きカレーも名物らしいから食べときなさい。」  By だんなっち




(; ̄- ̄;)  写真が小さいのはぶれてるからです。




最後に門司の夜景をお楽しみください。





これもぶれているので 小さい写真でどうぞ。







※コメントは最新記事にお願いしま~す。

旅 (国内/九州) | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。